スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000年にあった話~恥さらしな話~

ますます、不動産投資から遠ざかるお話をば。


どこにでも恥さらしな話はある。

国家の起源もそうだし、

文字の起源もそうだ。


そこには大量虐殺や、

記銘(記憶の固定化)のための犠牲が

存在する。よく考えると恥さらしな話だ。

それらを、誤魔化すために「神話」はある。




そんな前置きを置いて

自分の恥さらしを語ろう。




1963年生まれのワタシは

2000年には37歳であった。



有難いことに

結婚してくれる伴侶に恵まれ

子を2人もうけ、(当時9歳と7歳)

両親と同居し、固い勤めで

毎日8時30分から23時頃まで

ノルマと締切と視力低下に追われながら、

月曜から金曜まで

働いていた。



特に1997年は外部勤務から本部勤務になり、

毎日深夜2時30分まで

死にかけながらも、なんとか1年過ごしたのだった。

(94~96年にかよった極真空手のおかげ)

「勤労せよ」と洗脳されていたということだ。





で99年の11月にこんな小さな出来事があった、






なんかダウンタウンの番組のエンディング

で、五月蠅い歌謡音楽が鳴っていたのを

かすかに覚えたのだった。

また、

その頃あった歌謡番組で、新曲チャートが流れていたのだったが、

ある曲のプロモーションクリップの一部が流れた



看護婦がスタンドマイクで歌い、

医者の恰好をしたベースが後ろで弾いている

というものを一瞬見た




何か気になる。なんなんだろう~?

キワモノ歌謡曲?





で、メッタにしない、音楽雑誌の立ち読みをすると、



グラビア記事で

その女性ボーカルは

OLっぽい服で伊達メガネをかけて、

ビルの非常口で見返り視線で

ワタシは普通の女!とあおっていた。


なんか変なの~、でもカワイイ~!!



CD借りてみるか・・・・・やおら、レンタルショップへ行った。






それは『本○』という歌で、

3曲入りマキシシングルだった。

カップリング曲は

「あお○ら」「輪○ハイライト」という2曲だった。



『本○』は、



女の情念の生理を歌う、虚無的歌詞内容で、

「もっと○迄入って~、あたしの○動を 突き動かしてよ~」

と煽るのが

サビのハイライトであった。





「これは、イケるのかもしれない・・・・」

というのが、第一の感想だった。


Beatles,King Crimson,Jimi Hendrix Experience

レベルの感動を

もしかしたら与えてくれるかも・・・・・・・・・・・・



これのプロモ・ビデオをフルで見たい、

という思いが、やみがたく、

VHSテープ『性○ヒーリング 其の一』なるビデオ集を買った。



それには、

テーブルの上で、手をひろげ、

ナイフを指の間で往復させる映像、

絶叫の声の果てに「ニーチェ?」と

顔に包帯を巻いて、発言する彼女がいた。





ピンヒール、ナース服、輸血装置、スタンドマイク、

Bメロで、一瞬眼を見開き、まゆを寄せて表情をつくる、

ナースが女性患者に覆いかぶさり、首筋をペロリと舐める

後ろでベースを弾きまくる医者

・・・・・・・・・・・・・・・





たくさん、エロビデオ、ウラビデオを、それなりに

見てきたが、それらのどれよりも

エロティックな出来で

正直、ブッ飛んでしまったのだった・・・・・・・・・



で、持ち上がった一つの欲望


これのコピーを演りたい・・・・

もちろん、ジョークだ、ジョークでしかない、

マシなコピーバンドをやってみたいというだけだ。



少しだけマシなボーカルを迎えて、ベースを弾いてみたい。

この曲で。




馬鹿な、俺は、腐れ中年。

これを歌うのは女子高生だろう~。

アホや。ヨメも子供もいるんやで。






************************


その当時、36,37歳の男4人で英語歌詞のオリジナル曲の

おっさんバンドを続けており、7年目ぐらいだったかと思う。

わたしのパートはベースで、弟が買った、フェンダージャパンの

ショートスケールのジャズベースを弾いていた。定価は4万5千円程度だろう。

オリジナルの曲は、

ビートルズ風あり、オフコース風あり、といった感じだ。

年1回ほどライブした。バンドはいい人の集まりだった。

ワタシも頑張ってラブソングの一つでも、と思っていたが、

結局、子育ての唄1曲しか作れなかった

題して「スーパーキッズ ジャングル ポッケ」

心底、子供が可愛いかったのだろう。



で、「無○モラ○リアム」という、その女性歌手のファーストアルバムも

聞いたのだった。

はじめは兎に角、甲高い声でシャウトしていて、

分からない!という気持ちだったが、

これは、ロックアルバムの名盤を聞いたときの

正しい化学反応であり、

聴き慣れていくうちに、

そこに鳴っているベースの音にグイグイ引き込まれていった。

******************


また、99年の12月に、職場の先輩が一人なくなった。

タバコを愛する、高校時にバスケ部だった人で、

ワタシの仕事のミスを丁寧に叱ってくれる愛情のある人だった。

案内があり、通夜にいった。

(そういえば、夏にお会いした時には、ずいぶんと痩せていたよな~)


勤務25年目のリフレッシュ休暇を10月にとり、

一週間、北海道旅行に行き、

帰ってきてから、どうも体調がわるく、開腹したところ、

末期ガンで余命1か月と言われ、そのまま亡くなったとのこと。

奥さんと子供らしい高校生が遺影を持って挨拶した。



伝票処理であれやこれやと教えてくれ、

共に苦労した、本当にいい人だったが、亡くなってしまった。

いい人から死んでいく、というのがまた実証されたようなものだった。

通夜の帰り道、車の中で、「無○モラ○リアム」を鳴らしていた。



よし、ジョークでいいから、これのコピーバンドやろう!!!



*******************


で、2000年1月1日に先行してFMラジオで、

彼女の新曲が一部流れた

『罪と○』『ギ○ス』




**************************


ヨメさんの実家で、姪っ子から、

スペースシャワーTVから

録画したクリップ『罪と○』を受け取り

見たところ、一晩寝れなくなってしまった・・・・・・・・・

アホやの~

*この話のシリーズは全33話あります

続きはこちらをお読みください

http://ameblo.jp/gr-k/entry-10964064585.html#main



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バンド 不動産投資 先輩 ガン 通夜 いい人から死んでいく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
名著をご紹介!
本当にお奨めの本です!
カテゴリ
最新コメント
ホットペッパー
オトクなグルメ情報ならホットペッパー!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アマゾンお買い得
アマゾンお買い得
プロフィール

セイボウ            成功した投資家の皆様に学びたいと思います!

Author:セイボウ           成功した投資家の皆様に学びたいと思います!
書評ブログ:大尉の娘クリティーク

RSSリンクの表示
最新トラックバック
javari
くるくるウィジェットです
ディックの小説を紹介します
ツィッターを試しては?
ブロとも一覧

ちょことまろん

RAVEN English Learning Log -英語学習の記録-
株の本を紹介!
スポンサードリンク
amazonクラウド
証券・銀行のご案内
地球の名言> 仕事が楽しくなる名言


presented by 地球の名言
地球の名言 > 夢を叶えるための名言


presented by 地球の名言
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。