『ちくま文庫 ギリシア悲劇Ⅱ ソフォクレス』

『ちくま文庫 ギリシア悲劇Ⅱ ソフォクレス


ギリシア悲劇といえば「オイディプス王」
というくらい代表選手格の作品を作った人。
偉い。しかし、メジャー嫌いの私は、オイディプス王は余り好きではない。
話が近親相姦で暗すぎるのと、設定・話の筋に一部無理があるのが
見え見えのためである。

犯人探しをすると実は自分だったという意外性と、息子は父を殺し、母と交わりたい
のだという潜在意識の心理学上の発見をもたらしたことも、
よく引き合いに出される理由だろう。
オイディプス王については、私見ではスフィンクスとの対決と、その勝利に、
重点が置かれて、悲劇が作られるべきであるとも考えもする。

スフィンクスの謎は「朝は4本、昼は2本、夜は3本の足の生き物は何?」という
単純はものではなく、
ダクテュロス・ヘクサメトロス(長短短六脚)の韻律による五行の歌で、次のように伝承されている

「一つの声をもち、二ツ足にしてまた四つ足にしてまた三つ足なるものが
地上にいる。地を這い空を飛び海を泳ぐものどものうち
これほど姿・背丈を変えるものはない。
それがもっとも多くの足に支えられて歩くときに、
その肢体の力はもっとも弱く、その速さはもっとも遅い」
(藤沢令夫氏訳)

この問いに対しては、「人間」という回答がサラっと出ますか、貴方は?

オイディプス王にまつわる話はアイスキュロス、エウリピデスともに書いている。
オイディプス王については、ここらでやめておこう。

そしてまた、アイスキュロスと同様だが、顔についても語ろう。よく紹介されている、
ズングリムックリのオッサン顔のあれは信用しないでほしい。

全然タイプの違う、ギョロ目で、クリンクリンの巻き毛の彫刻がある。
そっちの顔をソフォクレスと信じましょう。

ソフォクレスの残されている作品は
1 アイアース
2 トラキスの女たち
3 アンティゴネ
4 エレクトラ
5 オイディプス王
6 ピロクテーテス
7 コロノスのオイディプス

の7作品。お勧めは『アイアース』と『コロノスのオイディプス』か。

『アイアース』は登場人物が素晴らしい。
戦闘の女神アテーネーと彼女がいつも味方する知謀に長けた将のオデュッセウス。

この2人のコンビネーションは、かのホメーロス大先生の最高傑作・世界文学上の至高
『オデュッセイア』ですっかりおなじみですが、
そのコンビが悲劇でも再現されているとなれば、面白くないわけがありません。

トロイア戦争のさなか、ギリシア軍中の第一の将アキレウスの死後、その形見の武具が
だれに与えられるべきかの判定は、オデュッセウスかアイアースかどちらかということになった。
アイアースは敗れ、オデュッセウスの手に。

この判定に敗れたことを怒ったアイアースはギリシア軍の総指揮者たるアガメムノン、
その弟メネラオス、宿敵オデュッセウスを襲って殺そうとしたが、女神アテーネーにより、
幻惑され、牛羊の家畜の群のめった打ちにしたのであった。

劇は冒頭、不穏なうごめきを察知して血糊のついた足跡をたどってきたオデュッセウスに、
アテーナーが呼びかけることからはじまる。

女神から事実を知らされ、悟ったオデュッセウスに、狂乱のアイアースの姿を見せようとする。
ソフォクレスの作品中、1・2番目に写本が多いものらしい。
この冒頭のシチュエーションの妙味が劇的効果が高いためか。

後半は、愛人テクメッサから死を思い留まれと説得されて一端は了承したアイアースが、
結局は自死してしまい、その亡骸の埋葬をめぐっての話となる。

禁止を宣言するアガメムノン・メネラオスに対して、死者への儀礼を尽くすべきと説得する
オデュッセウスの高邁さがひかる。

自分の力を過信するあまり、神々に対し尊大な態度に出る、その思い上がり(ヒュプリス)
が恐るべき墓穴を掘る結果となるという定型のパターンがアイアースに下されるのが根底にある。



『コロノスのオイディプス』
父を殺し、母と交わって子を4人も設けたことを、自らが追求して、明らかにした賢王オイディプス。
その判明の瞬間、自らの目を抉り抜く。

そして、自分を祖国から追放せよと宣言し、放浪をはじめる。
娘アンティゴネが付き添う。諸国流浪の末、アテナイ近郊のコロノスの神域の森に到着する。

アテナイ出身の英雄テセウスが、彼を運命・神々との和解へとの導きを行う。
極めて宗教的救済がテーマとなっている作品である。


『ピロクテーテス』も正義の問題を扱っていて、ユニークだ。解説はまた、今度。

テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
名著をご紹介!
本当にお奨めの本です!
カテゴリ
最新コメント
ホットペッパー
オトクなグルメ情報ならホットペッパー!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アマゾンお買い得
アマゾンお買い得
プロフィール

セイボウ            成功した投資家の皆様に学びたいと思います!

Author:セイボウ           成功した投資家の皆様に学びたいと思います!
書評ブログ:大尉の娘クリティーク

RSSリンクの表示
最新トラックバック
javari
くるくるウィジェットです
ディックの小説を紹介します
ツィッターを試しては?
ブロとも一覧

ちょことまろん

RAVEN'S FLIGHT
株の本を紹介!
スポンサードリンク
amazonクラウド
証券・銀行のご案内
地球の名言> 仕事が楽しくなる名言


presented by 地球の名言
地球の名言 > 夢を叶えるための名言


presented by 地球の名言
FC2カウンター