柳田邦男 『犠牲(サクリファイス)-わが息子・脳死の11日』

柳田邦男

『犠牲(サクリファイス)-わが息子・脳死の11日』(文春文庫)

久々に書評(を元にした回顧)を。

これはしかし、読了していない本です。

そして、おそらくだが、読了できない。

10年前に
ショッピングセンターで
立ち読みしたら

気分が悪くなり、
ベンチに倒れ込んでしまった。

一緒にいたヨメさんからは

「大丈夫?」と

声かけられていたのを

覚えている。



何故か。

柳田邦男氏の
自殺した次男さんの
思考、思索が

あまりにも自分の
19~20歳の時と
似ていたためだ。

自分のあの苦しい時代を
記憶が蘇り、血の気が失せたのだった。

何を大仰な、と言われようが、
そうだったのだ。

苦しかった。

戦時下でもなく、
抑圧された民族の一人でもなく、
東アジアの国の
地方の1青年が
死にかけていた。

「平和時には、精神が自分自身に襲いかかる」
その状態だった。



友人を作れず、

当然、女もつくれず、

何がしかの才能もなく、

希望が持てず、

八方塞がりのワタシ。



馬鹿丸出しだった。



誰でも考えつくが、

本を乱読して

答えを見つけようとした。



真面目が報われるのか?

誠実は報われるのか?

真理はどこにあるのか?

既存の価値体系は信頼できるのか?


この単純で

宗教的な装いの

問いかけに

法律でもなければ、

宗教でもない、

太古の神話が

答えてくれた。

「恥じるのを止めよ」

「運動と栄養が大事である」

「他者への共感よりは自尊心の拡大」

「人間は戦争機械」

「顕教と秘教は違う」

それまで

教えられていたものとは

真逆の答えだった。

数々の嘘があばかれ、光明が差したように感じた。



普通の人なら本能で察知する話を

活字になっていないと信用しないのは

馬鹿の証拠だろう。


馬鹿で良い。馬鹿だ。オレは。



*****************

またしても、

ろくな書評になっていませんが、

勇気のある方は

この柳田邦男氏の著書をお読みください。

以上、

『書評以前の書評ライター』

セイボウからでした~



テーマ : 生きることは学ぶこと
ジャンル : ライフ

tag : 柳田邦男 犠牲 サクリファイス 真面目 誠実 救済 太古

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
名著をご紹介!
本当にお奨めの本です!
カテゴリ
最新コメント
ホットペッパー
オトクなグルメ情報ならホットペッパー!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アマゾンお買い得
アマゾンお買い得
プロフィール

セイボウ            成功した投資家の皆様に学びたいと思います!

Author:セイボウ           成功した投資家の皆様に学びたいと思います!
書評ブログ:大尉の娘クリティーク

RSSリンクの表示
最新トラックバック
javari
くるくるウィジェットです
ディックの小説を紹介します
ツィッターを試しては?
ブロとも一覧

ちょことまろん

RAVEN'S FLIGHT
株の本を紹介!
スポンサードリンク
amazonクラウド
証券・銀行のご案内
地球の名言> 仕事が楽しくなる名言


presented by 地球の名言
地球の名言 > 夢を叶えるための名言


presented by 地球の名言
FC2カウンター