ロシア文学 カラマーゾフの兄弟

毎日新聞のウェブで

ロシア関連のまとめた記事を新聞形式で掲載している

「ロシアNOW」
http://mainichi.jp/sp/roshianow/archivepaper.html

2013/02/14号はトップ記事が
「カラマーゾフの兄弟 人間心理突きつける」だ
http://mainichi.jp/sp/roshianow/pdf/2013_02.pdf

面白かった。

それで考えてみた
我が浅きロシア文学歴(^^;

<読書順>

「罪と罰」ドストエフスキー
「カラマーゾフの兄弟」ドストエフスキー
「地下生活者の手記」ドストエフスキー
「作家の日記」ドストエフスキー
「クロイツェル・ソナタ」トルストイ
「スペードの女王」プーシキン
「オネーギン」プーシキン

当方は、米川正夫先生の訳でないと
受け付けなくなっている。

「カラマーゾフの兄弟」を
「カラキョウ」と呼ばせるまでに
ポピュラー化に貢献した
亀山郁夫氏。

氏の新訳が
カラキョウブームを巻き起こし
ついに今では
テレビドラマ化されている。
http://www.fujitv.co.jp/brothers_karamazov/index.html

4年前に正月特番で、
ワイドショー的に
ケンドーコバヤシ氏が
「カラマーゾフの兄弟」を紹介していたのが
笑えたな~。

新訳「カラマーゾフの兄弟」では
例えば重要人物
ドミートリィは愛称がミーチャで、
作中、ドミートリィと呼ばれるときと
ミーチャと呼ばれるときと
錯綜するが、それを統一したらしい。
原作の味わいが薄れる~と思うが、
取っつきにくさを打破したであろうことは
想像に難くない。
*************
考えたら
「白痴」「悪霊」「戦争と平和」
「アンナ・カレーニナ」読んでない~。
まあ、ええか~。

※言葉狩りが
進んでいて
「はくち」と入力しても
「白痴」と変換されませんね~。

*************
前にも投稿したが、
2年前仕事で
大学いったら
アシスタントさんが付いたのだが
ロシア美女だった~(^^;
その時ばかりは背筋が
ピーンと伸びたなあ~。

で、こちらは
「スパーシーヴォ」「ドストエフスキー」「トルストイ」
しか出てこない。

流ちょうで端正な日本語で
「大抵の日本の方は
そうおっしゃいますね~。
チェーホフは、
あまり出てきませんが」とのこと。

あなたの瞳に
吸い込まれそうなんですけど~(^^;

いかん、いかん(^^;





テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ロシア ロシア文学 ドストエフスキー ロシア美女 背筋がピーン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
名著をご紹介!
本当にお奨めの本です!
カテゴリ
最新コメント
ホットペッパー
オトクなグルメ情報ならホットペッパー!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アマゾンお買い得
アマゾンお買い得
プロフィール

セイボウ            成功した投資家の皆様に学びたいと思います!

Author:セイボウ           成功した投資家の皆様に学びたいと思います!
書評ブログ:大尉の娘クリティーク

RSSリンクの表示
最新トラックバック
javari
くるくるウィジェットです
ディックの小説を紹介します
ツィッターを試しては?
ブロとも一覧

ちょことまろん

RAVEN'S FLIGHT
株の本を紹介!
スポンサードリンク
amazonクラウド
証券・銀行のご案内
地球の名言> 仕事が楽しくなる名言


presented by 地球の名言
地球の名言 > 夢を叶えるための名言


presented by 地球の名言
FC2カウンター