ロバート・キヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズ

ロバート・キヨサキ『金持ち父さん 貧乏父さん』

ロバート・キヨサキ『金持ち父さん 貧乏父さん』


有名な本

日本語初版は2000年11月となっている。

朝日か日経で、「全米のベストセラー、ついに日本語版が」
という広告を見たことがある。

天下の筑摩書房が何故?
と、そのときは本能的に思った。

ちくま文庫には、ずいぶんとお世話になったからだ。

そして、昼間の仕事にいそしんでいた。
労働価値説を信じていた。
働けば良いことがあると信じていた。
(ジョン・レノンが、
「『幸福は苦痛の後にくる』のは
一見正しいようにみえて、
実は論理としておかしい」と
カトリック批判の一環として
言っていたのは知っていたが)

お金の哲学を看板にしているが、
人生の哲学が、問われている本だ。
良書といわざるをえないだろう。

ウェブのロバート・キヨサキ氏のエッセイを読むと、
ベトナム戦争の記述が目立つ。

戦線に送られた側だからだ。

クリントンもブッシュJrも
ランボーたるスタローンも徴兵のがれをやった。
ヨーロッパ留学というやつだ。

キヨサキ氏は送られた。
アポカリプス・ナウ(地獄の黙示録)に

そして、帰国した。
風景が違って見えて当然だろう。
そして、ベトコンの燃える意志を目の当たりにしたのだろう。
このエッセイなども大変おもしろい

ロバート・キヨサキ氏
コラム「金持ちがますます金持ちになる理由 第34回」

本書P176
「大きなチャンスは眼には見えない。頭を使って感じ取るものだ。
たいていの人はお金に関する訓練を受けていないため、目の前のチャンスを見逃してしまう」

なども、当たり前のことをサラリと書いているが、
これを全体の文脈の中で読むと、うーんとうなされ、カンドーする。

金持ち父さんの存在がフィクションであったとしても
また、ボードゲームを売るための、本であったとしても
世の金持ちの当然の秘密を、丁寧に教えてくれる
不思議な本といえないだろうか。

筑摩書房さんが
GOサインだしたのも
うなずける。



テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
名著をご紹介!
本当にお奨めの本です!
カテゴリ
最新コメント
ホットペッパー
オトクなグルメ情報ならホットペッパー!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アマゾンお買い得
アマゾンお買い得
プロフィール

セイボウ            成功した投資家の皆様に学びたいと思います!

Author:セイボウ           成功した投資家の皆様に学びたいと思います!
書評ブログ:大尉の娘クリティーク

RSSリンクの表示
最新トラックバック
javari
くるくるウィジェットです
ディックの小説を紹介します
ツィッターを試しては?
ブロとも一覧

ちょことまろん

RAVEN'S FLIGHT
株の本を紹介!
スポンサードリンク
amazonクラウド
証券・銀行のご案内
地球の名言> 仕事が楽しくなる名言


presented by 地球の名言
地球の名言 > 夢を叶えるための名言


presented by 地球の名言
FC2カウンター