スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポオ小説全集1~4(創元推理文庫)

ポオ小説全集

高校1年生の時、1978年か
住んでいる田舎の町に
比較的大きな書店ができた。

それに新刊として売っていた
「ポオ小説全集」
萩尾望都先生の「ポーの一族」の延長で
興味を持ったのかもしれない。

人生最初のデカダン文学

推理小説の元祖だが、
推理小説らしいものは5編のみ。
あとは怪奇、ロマン主義的、寓話的短編の数々。

知的構成を全面に押し出している

同時期にマジカル・ミステリー・ツアーのアルバムを
聞いて、アイ・アム・ザ・ウォルラスの中で、
ジョン・レノンが「エドガー・アラン・ポーをけっとばせ」
と歌っているのをきいて、
かのジョン・レノンさえ、嫉妬する才能の持ち主なんだ~と感動。

2人とも40歳で非業の死を迎えている。
それに比べて幸せな47歳の私は、
芸術的には何も為しえておらず、
ヘイヘイボンボンの
コンチキ野郎なわけなのですが、
健康と毎日お米が食べられる幸せを噛み締めております。

ポオがいなければ、ボードレールもおらず、
モローもおらんのかね。

推理小説はもっと、カッタルイスタートで
はじまり、今日の隆盛とは別になっていたのだろうか。

短編「リジイア」の中にの
「ワーム」(ウジ虫と訳されることが多い!)
という詩が挿入されるのだが、
これにヤラれましたね!
デカダーン!、デカダーン!

人間の業の惨めさを正面から
美化することなく、しかし、高貴に表現する
そのバランスはポオならではか!

Lo! 'tis a gala night
Within the lonesome latter years!
An angel throng, bewinged, bedight
In veils, and drowned in tears,
Sit in a theatre, to see
A play of hopes and fears,
While the orchestra breathes fitfully
The music of the spheres.

Mimes, in the form of God on high,
Mutter and mumble low,
And hither and thither fly-
Mere puppets they, who come and go
At bidding of vast formless things
That shift the scenery to and fro,
Flapping from out their Condor wings
Invisible Woe!

That motley drama- oh, be sure
It shall not be forgot!
With its Phantom chased for evermore,
By a crowd that seize it not,
Through a circle that ever returneth in
To the self-same spot,
And much of Madness, and more of Sin,
And Horror the soul of the plot.

But see, amid the mimic rout
A crawling shape intrude!
A blood-red thing that writhes from out
The scenic solitude!
It writhes!- it writhes!- with mortal pangs
The mimes become its food,
And seraphs sob at vermin fangs
In human gore imbued.

Out- out are the lights- out all!
And, over each quivering form,
The curtain, a funeral pall,
Comes down with the rush of a storm,
While the angels, all pallid and wan,
Uprising, unveiling, affirm
That the play is the tragedy, "Man,"
And its hero the Conqueror Worm.

しかし、同級生の某氏は
ガッチャマン最終話の
ベルクカッツェの「終わりだ!終わりだ!
世界と皆がともに滅びるのだ!」
に感動を覚えていたのだが・・・

人類全体の業の深さを嘆くという
こんなデカダンは意匠であり、
引きずり込まれるものではないと
わかるには
ニーチェの「この人を見よ」
を必要としたのだった。

読んだ本に
影響されやすい私。
いかん、いかん
こんな私とはバイバイ、にこにこバイバイ!


テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
名著をご紹介!
本当にお奨めの本です!
カテゴリ
最新コメント
ホットペッパー
オトクなグルメ情報ならホットペッパー!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アマゾンお買い得
アマゾンお買い得
プロフィール

セイボウ            成功した投資家の皆様に学びたいと思います!

Author:セイボウ           成功した投資家の皆様に学びたいと思います!
書評ブログ:大尉の娘クリティーク

RSSリンクの表示
最新トラックバック
javari
くるくるウィジェットです
ディックの小説を紹介します
ツィッターを試しては?
ブロとも一覧

ちょことまろん

RAVEN English Learning Log -英語学習の記録-
株の本を紹介!
スポンサードリンク
amazonクラウド
証券・銀行のご案内
地球の名言> 仕事が楽しくなる名言


presented by 地球の名言
地球の名言 > 夢を叶えるための名言


presented by 地球の名言
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。